apt

キャンバスの向こう側

ARTPLAT(ART PLATFORM TOKYO)は、塩原有佳と須永有をフィーチャーした二人展「Beyond the Canvas : キャンバスの向こう側」を開催します。 「未曾有の疫病が世界的に広がり、21世紀と

KINTSUGI

ART PLATFORM TOKYOは(「ARTPLAT」)一昨年に続くホテルとのコラボ展アソーテッドチョコレート展Part IIを開催します。今回のテーマは現在アトリウムラウンジ(2FL)において提供している「金継ぎア

utopia, reduce, belly, forelock, visitors’ book, widowed

「傑作」と言われて思い浮かぶのはやはり何世紀も前の巨匠達の作品であり、現代において特に現代 美術という枠組みの中では誰かが何かを創ることの唯一性、即ち1人の才能ある作家が「傑作」を作 るということ自体があまり重要な意味を

SOHO, precooked, tenderly, pictograph, taxi, Rh factor

motif La Grande Odalisque by Dominique Ingres 「傑作」と言われて思い浮かぶのはやはり何世紀も前の巨匠達の作品であり、現代において特に現代 美術という枠組みの中では誰かが何かを

Inframince Geometry ⅠI

今回の作品は〔幾何学形態を基本としながら、その形を破り明朗な情動を付加すること〕をテーマに制作 しました。 また本格的に制作を始めた 2011 年から感知している、“Inframince”(「極 」等の意味をもつ デュシ

Inframince geometry Ⅰ

今回の作品は〔幾何学形態を基本としながら、その形を破り明朗な情動を付加すること〕をテーマに制作 しました。 また本格的に制作を始めた 2011 年から感知している、“Inframince”(「極 」等の意味をもつ デュシ

Floating Geometry

今回の作品は〔幾何学形態を基本としながら、その形を破り明朗な情動を付加すること〕をテーマに制作 しました。 また本格的に制作を始めた 2011 年から感知している、“Inframince”(「極 」等の意味をもつ デュシ

Inflamince Diagram

今回の作品は〔幾何学形態を基本としながら、その形を破り明朗な情動を付加すること〕をテーマに制作 しました。 また本格的に制作を始めた 2011 年から感知している、“Inframince”(「極 」等の意味をもつ デュシ

Inframince Geometry ⅠV

今回の作品は〔幾何学形態を基本としながら、その形を破り明朗な情動を付加すること〕をテーマに制作 しました。 また本格的に制作を始めた 2011 年から感知している、“Inframince”(「極 」等の意味をもつ デュシ

Inframince Geometry ⅠII

今回の作品は〔幾何学形態を基本としながら、その形を破り明朗な情動を付加すること〕をテーマに制作 しました。 また本格的に制作を始めた 2011 年から感知している、“Inframince”(「極 」等の意味をもつ デュシ

4

Soft Diagram

今回の作品は〔幾何学形態を基本としながら、その形を破り明朗な情動を付加すること〕をテーマに制作 しました。 また本格的に制作を始めた 2011 年から感知している、“Inframince”(「極 」等の意味をもつ デュシ

からだと、その他

第16回ART PLATFORM TOKYO主催@ANA InterContinental Tokyoは、ただ、平野淳子、油野愛子の三人展「からだと、その他」(Body, et cetera)をお届けします。 コマーシャ

Out of the Blue by 牧田愛/門田光雅

Out of the Blue 第15回ART PLATFORM TOKYO主催@ANA InterContinental Tokyoは、牧田愛/門田光雅の二人展‘Out of the Blue’をお届けします。 牧田愛

私の肘掛け椅子

“私が夢みるのは均衡が取れた、純粋で安らぐ芸術である。不安を与えたり、気が滅入るような主題ではなく、ビジネスマンから文学者まで神経を使う仕事についている人たち全てにとっての精神安定剤、例えば、体の疲れを癒す心地のよい肘掛

THIS IS NOW

6人と2人組の作家デュオがコロナ禍のそれぞれの「今」を表現。以下はホテルロビーに展示中の淺井裕介の「マスキングプラント」の制作の様子。 展示風景

“児玉麻緒展 Plant”

児玉麻緒は2010年に多摩美術大学大学院修士課程を修了後、油画の平面作品を中心に制作活動を行っている東京在住の作家である。 今回の展覧会の題名「Plant」には、キャンバスに種まきをして命を吹き込み、それが生えていく、と

“升谷真木子展 light relief”

升谷真木子は、2014年東京芸術大学大学院油画研究領域(修士課程)を修了、アクリル絵具の平面作品を中心に制作活動を行っている新進芸術家である。 升谷が描く世界には、彼女の日常生活の断片的な記録が詰まっている。美しい色彩で