ARTISTS

須永 有 Aru SUNAGA

1989年
群馬県生まれ
2014年
東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻 卒業
2017年
東京芸術大学美術研究科絵画専攻修士課程 卒業

個展

2019年
「絵筆で照らす」/un petit GARAGE, 東京
2016年
「あなたの顔は、よく見える」/ un petit GARAGE, 東京
2015年
「須永有個展」/ T-Art Gallery, 東京
2013年
「PASSAGE」/ Bambinart Gallery, 東京

グループ展

2020年
「This is now」(ANAインターコンチネンタルホテル東京)

「Exploring」(銀座蔦屋書店、GINZA ATRIUM)神宮の杜芸術祝祭「紫幹翠葉-百年の杜のアート」/明治神宮ミュージアム
3331ART FAIR 2020 /3331アート千代田, 東京

2019年
KODAI vol.1 /CAPSULE, 東京,三宿
2019年
群馬青年ビエンナーレ2019 /群馬県立近代美術館, 群馬
2017年
本と美術の展覧会vol.1 絵と言葉のまじわりが物語のはじまり
「長嶋有と福永信のキュレーションvol.1 大★須永有展 美と微とbi☆toの原寸 大」 /太田市美術館図書館, 群馬
2016年
公益財団法人現代芸術振興財団 名和晃平セレクションCAF賞選抜展 / HOTEL ANTEROOM, 京都
2010年
「現役美大生の現代美術展 Produced by X氏」/ Kaikai Kiki Gallery、Hidari Zingaro, 東京

賞歴

群馬青年ビエンナーレ2019 入選
TERRADA ART AWARD 2014 最優秀賞
CAF ART AWARD 2014 審査員特別賞

 

ステートメント
私は、油絵の具を用いて絵画作品を制作している。
洞窟壁画から始まる人類の芸術は、社会と深く関わり、美しさの価値観やヒエラルキーを 作ってきた。
私は現代に生きる30代の女性だが、社会が無意識に押し付ける価値観や規範 に戸惑っている。
私の絵の中には絵筆やキャンバスといった画材がたびたび現れる。
絵筆は絵画を模索する私自身だ。
絵筆という小さなつるはしで、暗闇の奥を掘り進むことは、既成概念に対する私のささやかな挑戦だ。

公式サイト

WORKS

影をつかむ

影をつかむ

油絵具、キャンバス

410×318mm

2021

* SOLD

展示場所 : 2F ⑤


Comments by the artist:

何かの影をつかむような手を描きました。
実際には影というのは手につかむことはできないものですが、絵画の中では、手で影を掬いあげているように描くことができます。
このように、私の作品では、触れることができないものや、近づくことができないもの、すれ違うもの同士などを、キャンバスの上でつなぎ合わせています。
影は、見たくないものや醜いものの象徴です。
私は、絵画を通して、それらに触れて、受け入れることで、新しい美しさを見つけられたらと思っています。


向こう側から

向こう側から

油絵具、キャンバス

530×530mm

2021

132,000 円(税込)

展示場所: 1F ①


Comments by the artist:

彼女は、見られているのではなく見ています。
見ている私はどこに立っているのだろう。
穴の向こう側にいるのは、観客かもしれないし、絵描きかもしれません。
長い美術史の中で、女性は描かれ鑑賞される立場でした。
伝統的な主体と客体の立場を逆転させてみたいと描いた作品です。


キャンバスの裂け目

キャンバスの裂け目

油絵具、キャンバス

530×455mm

2021

132,000 円(税込)

展示場所 : 1F ②


Comments by the artist:

描くことは、壊れた器に金を継ぐように、過去と未来をつなぎ合わせ新たな美しさを生むことに似ていると思いました。
金継ぎは、破損もありのままを受け入れるという茶道精神があるといいます。誰しも忘れたい過去を持っているのではないか、それも自分自身の一部として受け入れることが生きていくことなのかなと思いました。
私の絵の中には、絵筆や筆致、キャンバスという画材がモチーフとしてよく登場します。
油絵は、芸術の古いメディアであり、人間の美しさの価値観や文化を作ってきました。
私は、絵筆に自分自身を投影し、キャンバスの上を模索しています。
それが歴史や過去と現代の自分を繋ぎあわせ、自分が誰でどこに立っているのか、存在を認めることになるといいなと思っています。


影をつかむ

影をつかむ

キャンバス、油絵具

27.3×22 cm

2021

60,500 円(税込)

展示場所 : 2F ⑤


Comments by the artist:

何かの影をつかむような手を描きました。
実際には影というのは手につかむことはできないものですが、絵画の中では、手で影を掬いあげているように描くことができます。
このように、私の作品では、触れることができないものや、近づくことができないもの、すれ違うもの同士などを、キャンバスの上でつなぎ合わせています。
影は、見たくないものや醜いものの象徴です。
私は、絵画を通して、それらに触れて、受け入れることで、新しい美しさを見つけられたらと思っています。

作品についてのお問い合わせ