ザ・ビークル | My Armchair ⁄ 私の肘掛け椅子展

ARTISTS

ザ・ビークル The Vehicle

The Vehicle(ザ・ビークル)は日本のアートユニット。1996年、吉田剛、河原三紀を中心に「Art begins at home ~芸術は家庭から~」をスローガンに掲げ結成。
1996年 第5回「アートビジネスオーディション 大アート展」(ソニーミュージック・エンタテインメント主催) にて、「家電収納表層家具しらかば」で審査員賞受賞。1999年個展「Motorama」展、「In the family way」展、2000年「トキヲラマ」展(現代美術製作所/東京)、2007年“Story of their life”(代官山ヒルサイドフォーラム/東京)、グループ展/2006年釜山ビエンナーレ2006 The Sea Art Festival “Living furniture“ (釜山/韓国)、2007年「大阪・アート・カレイドスコープ2007」(大阪府現代美術センター他/大阪)、「日本現代芸術際」(ヘイリ芸術村/韓国)他に出展。

ステートメント
ザ・ビークルは「日常」に潜む、映画やテレビドラマなどのシーンや体験、物語などの事象を抽出し、ジャンルを限定しない作品を制作します。
近年展開している「BlueBack」シリーズの作品は、鑑賞者それぞれの「個」を意識するための装置として機能します。白昼夢のようでもある日常と空想のはざまにある「ビジョン」を表現した私たちの作品を前に、自身の記憶や経験を脳裏でめぐる浮遊感のようなものを体感していただければと思います。

占星術の世界では、2020年末に「土」の時代から「風」の時代に約200年ぶりに遷移したそうです。風の時代において「固有」の場所、コト、モノなどを所有することが重要だったのが、これからはひとつに縛られない「多様」であることが求められると言われています。私たちの作品を通じて、個を意識しつつ日常での多様性を考える機会となればと思います。


アート・ユニットのザ・ビークルはロスジェネの作家たちだ。戦後の高度成長経済の恩恵を10代、20代の初めに垣間見たが、その後は空白の20年間を過ごした世代である。
画像編集された「人工的」な風景は、どこか懐かしいバブル期前後のアニメやドラマを彷彿とさせ、鑑賞者の曖昧な記憶を呼び覚ます。昭和後期のバブル期を懐かしみ、Z世代にはついていけなく、「内向き」と非難され続けた彼ら狭間世代の声が聞こえてくる。

推薦者 ART PLATFORM TOKYO

The Vehicle Facebookページ

WORKS

BlueBack シリーズ -Interlude#04-

BlueBack シリーズ -Interlude#04-

edit.1/2

ラムダプリント、木製パネル

594×841 mm

2020

220,000 円(税込)

展示場所: 1F③


BlueBack シリーズ -Interlude#05-

BlueBack シリーズ -Interlude#05-

edit.1/2

ラムダプリント、木製パネル

594×841 mm

2020

220,000 円(税込)

展示場所: 1F②


BlueBack シリーズ -Interlude#06-

BlueBack シリーズ -Interlude#06-

edit.1/2

ラムダプリント、木製パネル

594×841 mm

2021

220,000 円(税込)

展示場所: 1F④


BlueBack #005

BlueBack #005

edit.1/5

ChromaLuxe® メタルプリント

254×508mm

2009

99,000 円(税込)

2009年の作品。メタルプリント版として制作。

展示場所: 2F⑧

作品についてのお問い合わせ

You cannot copy content of this page