ザ・ビークル | THIS IS NOW | THIS IS NOW

ARTISTS

© The Vehicle

ザ・ビークル The Vehicle

The Vehicle(ザ・ビークル)は日本のアートユニット。1996年、吉田剛、河原三紀を中心に結成。「Art begins at home ~芸術は家庭から~」を標榜し、日常の中からビジョンの抽出と、それを平面、立体問わず、表現方法にとらわれない作品を展開。
近年は日々の生活の中に潜む「映画的イメージ」をテーマに作品を制作している。
「日常」には、現実世界と映画やテレビドラマなどの物語的な世界、その二つの世界がビジョンとして混在しており、The Vehicleの作品は、その二つの世界のボーダーを意識させるためのものとして機能する。
1996年 第5回「アートビジネスオーディション 大アート展」(ソニーミュージック・エンタテインメント主催) にて、「家電収納表層家具しらかば」で審査員賞受賞。1999年の個展「Motorama」展、「In the family way」展、2000年「トキヲラマ」展(現代美術製作所/東京)、2007年“Story of their life”(代官山ヒルサイドフォーラム/東京)、グループ展/2006年釜山ビエンナーレ2006 The Sea Art Festival “Living furniture“ (釜山/韓国)、2007年「大阪・アート・カレイドスコープ2007」(大阪府現代美術センター他/大阪)、「日本現代芸術際」(ヘイリ芸術村/韓国)他。

Facebookページ

WORKS

Blueback シリーズ -Interlude#01-

© The Vehicle

Blueback シリーズ -Interlude#01-

edit.1/2

ジクレープリント、木製パネル

1030×728 mm

2020

350,000 円(税別)

COVID-19の感染拡⼤により、街から⼈がいなくなっていった。
そして、100年に⼀度あるかないかのパンデミック下におけるその光景は、どこか劇中的なフェイクなもののようで、ドラマや映画などの場⾯転換に使われる映像的なものを感じた。
私たちの近年の作品では、そんな「空(から)」のイメージを、筆致やテクニックなどの個性を感じさせない、写真という技法を⽤いて加工し制作する。そうすることによって、どこかにありそうで特定されない、ピントが外れた平面的なシーンとして表現している。
インターネット、ネットゲーム、仮想通貨の流通など、ネットワーク空間は、現実世界とは画して、より活発で多様なパラレルワールドとして繁栄しつつある。もはや、何が現実世界なのかも曖昧になりつつある。アカウントやIDを求められるような空間や次元に生きているからこそ、自分と他者というそれぞれ個、社会全体の一員としての個、居住空間に限らず各々の立ち位置をもった個、これからは様々な場面での「個」の認識を明確にすることが、より求められるのであろう。一方で私たちの作品には、登場人物としての個が存在しない。個は、あくまでも作品と対峙する鑑賞者である。そして、作品は、個にフォーカスを当てる舞台装置のようなものなのだ。
目に見えないCOVID-19によって作られた状況は、絶望的な将来への予兆では決してない。この事象はリモートワークの利便性に気がついたのと同様に、社会がこの状況下において、未来をどう発展させるかを人々が予感するための、次の時代へ の幕間(Interlude)のようなものだと思った次第である。

展示場所: 3F ⑭


Blueback シリーズ -Interlude#02-

© The Vehicle

Blueback シリーズ -Interlude#02-

edit.1/2

ジクレープリント、木製パネル

1030×728 mm

2020

350,000 円(税別)

COVID-19の感染拡⼤により、街から⼈がいなくなっていった。
そして、100年に⼀度あるかないかのパンデミック下におけるその光景は、どこか劇中的なフェイクなもののようで、ドラマや映画などの場⾯転換に使われる映像的なものを感じた。
私たちの近年の作品では、そんな「空(から)」のイメージを、筆致やテクニックなどの個性を感じさせない、写真という技法を⽤いて加工し制作する。そうすることによって、どこかにありそうで特定されない、ピントが外れた平面的なシーンとして表現している。
インターネット、ネットゲーム、仮想通貨の流通など、ネットワーク空間は、現実世界とは画して、より活発で多様なパラレルワールドとして繁栄しつつある。もはや、何が現実世界なのかも曖昧になりつつある。アカウントやIDを求められるような空間や次元に生きているからこそ、自分と他者というそれぞれ個、社会全体の一員としての個、居住空間に限らず各々の立ち位置をもった個、これからは様々な場面での「個」の認識を明確にすることが、より求められるのであろう。一方で私たちの作品には、登場人物としての個が存在しない。個は、あくまでも作品と対峙する鑑賞者である。そして、作品は、個にフォーカスを当てる舞台装置のようなものなのだ。
目に見えないCOVID-19によって作られた状況は、絶望的な将来への予兆では決してない。この事象はリモートワークの利便性に気がついたのと同様に、社会がこの状況下において、未来をどう発展させるかを人々が予感するための、次の時代へ の幕間(Interlude)のようなものだと思った次第である。

展示場所: 3F ⑮


Blueback シリーズ -Interlude#03-

© The Vehicle

Blueback シリーズ -Interlude#03-

edit.1/5

ChromaLuxe® メタルプリント

300 x 400 mm(Sサイズ)

2020

80,000 円(税別)

COVID-19の感染拡⼤により、街から⼈がいなくなっていった。
そして、100年に⼀度あるかないかのパンデミック下におけるその光景は、どこか劇中的なフェイクなもののようで、ドラマや映画などの場⾯転換に使われる映像的なものを感じた。
私たちの近年の作品では、そんな「空(から)」のイメージを、筆致やテクニックなどの個性を感じさせない、写真という技法を⽤いて加工し制作する。そうすることによって、どこかにありそうで特定されない、ピントが外れた平面的なシーンとして表現している。
インターネット、ネットゲーム、仮想通貨の流通など、ネットワーク空間は、現実世界とは画して、より活発で多様なパラレルワールドとして繁栄しつつある。もはや、何が現実世界なのかも曖昧になりつつある。アカウントやIDを求められるような空間や次元に生きているからこそ、自分と他者というそれぞれ個、社会全体の一員としての個、居住空間に限らず各々の立ち位置をもった個、これからは様々な場面での「個」の認識を明確にすることが、より求められるのであろう。一方で私たちの作品には、登場人物としての個が存在しない。個は、あくまでも作品と対峙する鑑賞者である。そして、作品は、個にフォーカスを当てる舞台装置のようなものなのだ。
目に見えないCOVID-19によって作られた状況は、絶望的な将来への予兆では決してない。この事象はリモートワークの利便性に気がついたのと同様に、社会がこの状況下において、未来をどう発展させるかを人々が予感するための、次の時代へ の幕間(Interlude)のようなものだと思った次第である。

展示場所: 2F

作品についてのお問い合わせ

You cannot copy content of this page