淺井裕介 | THIS IS NOW | THIS IS NOW

ARTISTS

© Yosuke Takeda

淺井裕介 Yusuke ASAI

淺井裕介(1981年、東京生まれ)は、身近な素材を用い、あらゆる場所に奔放に絵を描き続けています。作品は主に、各地で採取した土と水で描く「泥絵」シリーズ、アスファルト道路に用いられる熱溶着式路面標示シートをバーナーで焼き付けて描く「白線」シリーズ、マスキングテープに耐水性マーカーで描く「マスキングプラント」シリーズの三つに分類され、アトリエでの個人の制作にとどまらず、屋外の大規模なプロジェクトでは、友人やボランティアなど第三者との共同作業を交えながら制作します。変化を受け入れながら成長を楽しむように作られていくその過程は、有機的に生成する自然を植え付けていくかのごとくダイナミックに展開されます。尽きることなく生み出される、植物、動物、人間、また動植物と人間のハイブリッドを思わせる神話的なイメージなどの根源的なモチーフは、画面に隙間なく併置され、大きな生き物の中に入れ子状に小さな動植物が現れるなど、生態系の構造を表すかのようです。近年の主な個展に「淺井裕介 ― 絵の種 土の旅」(2015-2016年 彫刻の森美術館)、「yamatane」(2014年 Rice University Art Gallery、ヒューストン)など。主なグループ展やプロジェクトに、「生命の庭」(2020年 東京都庭園美術館)、「Shanghai Urban Space Art Season 2019」(中国)、「Reborn-Art Festival 2019」(石巻)、「武隆ランバ国際 大地芸術祭」(2019年・中国)、「横浜美術館30周年記念 アートと人と、美術館」(2019年 横浜美術館)、「生きとし生けるもの」(2016年 ヴァンジ彫刻庭園美術館)、「瀬戸内国際芸術祭」(2013-2019年 犬島)、「越後妻有アートトリエンナーレ2015」などがある。

ステートメント
作品を描くとき、言葉も通じないうんと遠い昔、絵を初めて描いたその人へ、あるいはずっと遠い未来に、まだ会ってことのないその人へ、手紙を書いているような気持ちになることがある。
2020年、移動が制限され、じっと巣に篭るよう家で過ごす、何もできないことを世界中で共有する静かで不思議な時間の中で、ああこういうときにこそ、長い手紙を書く時間だなと思う、いつもより少し丁寧に、いつもよりちょっとだけ多くの人へ届けるようなつもりで手を動かす、手紙の内容はもちろん言葉にはならないものではあるけれど、受け取ったその人が、ああ解るよって言ってくれたらといつも願いつつ。

アーティストサイト

WORKS

ピュシス2

ピュシス2

板に土、アクリル、油彩、墨、アクリルレジン

2300x1170mm

2020

1,400,000円(税別/額代別途)

僕たちはいつもほんのちょっとずつ変わりながら暮らしている、何かを食べて、何かを考えて、刻々変わり続けている、
変わり続けるその体であらゆる世界の変化をいかに大切に受け取れるかが、ものを作る感受性につながるのだと思っている。

変形パネルに世界中で集めた土を使い連鎖する生命力を描きました。
現在東京都庭園美術館で開催中の「生命の庭」展に出品している作品「ピュシス」の兄弟のような作品です。

展示場所: 2階 ⑫


small sun

small sun

板に油彩、アクリル、土

510x525mm

2020

350,000円(税別/額代別途)

全ての植物の瞳の中には小さな太陽が入っている、彼らはいつも太陽を探し出し、それを大切に体の中にそっとしまっている、小さめの木の板を花形に切り出し、油絵とアクリル、土を混合して描きました。よく見ると葉っぱの中に獣と人が浮かんでいます。

展示場所: 2階 ⑤


マスキングプラント(2020)

マスキングプラント(2020)

マスキンテープ、マーカー

2020

ご質問は ART PLATFORM TOKYOまで

マスキングテープとペンをポケットに入れて、テープの貼れるところであればどこへでも植物のように絵を描くこの「マスキングプラント」シリーズの制作を始めたのは2003年のことなので、気がつけばもう18年も飽きることなく続けています。その間緩やかに形態は変化を続けているものの、テープを貼るその場所で作ること、描き終わった作品は剥がし(収穫し)平面作品として全く別の標本作品に作り直すことはずっと変わらず続けています。

たった1日の制作でしたがアトリエにはない新鮮な出会いを大切に、環境に合わせて育つ植物のような具合で、ぎゅっと時間を圧縮しながら空間の意思を形に置き直していくような、無理に言葉にしてみるとそんな感覚で作っています。そしていつも作り終わった後に、あぁこんな形に育つのかとその変化を何より自分が楽しんでいます。

この場所で生まれ、やがて消えてしまう作品を楽しんでもらえれば幸いです。

協賛:mt/カモ井加工紙株式会社

展示場所: エスカレーター脇 ⑬

作品についてのお問い合わせ

You cannot copy content of this page